-

Tで始まる英語のことわざ

スポンサードリンク


Tで始まる英語のことわざ


☆ The Child Of A Frog Is A Frog.

☆ The Exception Proves The Rule.

☆ The Grass Is Always Greener On The Other Side Of The Fence.

☆ The Man Who Raeds Is The Man Who Leads.

☆ The Sooner Begun, The Sooner Done.

☆ Third Time Lucky

☆ To Question And Ask Is A Moment's Shame, But To Question And Not Ask Is A Lifetime's Shame.

☆ Two Birds, One Stone


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1週間で海外旅行でズバズバ英会話する方法 

1,000円


『私は英会話ができていない』と思っている人は、

ただ旅行前にすべき英会話法を知らないだけなのです。
|

The Exception Proves The Rule.

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

The Exception Proves The Rule.

例外が規則を証明する。

元々は、このことわざのとおり、例外が規則の存在を証明するという意味で使われていたが、今では、例外や、ちょっとイレギュラーなものが存在する理由づけや言い訳として使われるようになった。

17世紀半ばの英語のことわざ
|

The Sooner Begun, The Sooner Done.

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

The Sooner Begun, The Sooner Done.

始めるのが早ければ早いほど、早く終わる。

どうしても必要だけどやりたくないことを、後回し後回しにしてしまいがちだが、それはいけないという時に使われる。

16世紀後半の英語のことわざ。


|

To Question And Ask Is A Moment's Shame, But To Question And Not Ask Is A Lifetime's Shame.

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

To Question And Ask

Is A Moment's Shame,

But To Question And Not Ask

Is A Lifetime's Shame..


これは日本語の

聞くは一時の恥

聞かぬは一生の恥


です。

これは、日本語のことわざが英語化されたものです。
|

The Man Who Raeds Is The Man Who Leads.

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

Justice The Man Who Raeds

Is The Man Who Leads.


本を読む人は、リーダーになる。

読書のすすめです。

readとleadで韻を踏んでいます。

※くれぐれもRとLが違うということに注意しましょう。

20世紀半ばのことわざです。
|

The Grass Is Always Greener On The Other Side Of The Fence.

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

The Grass Is Always Greener

On The Other Side Of The Fence.


フェンスの向こうの芝は常により緑。

自分の手が届かないものは、自分が持っているものよりもよく見える、ということです。

つまりこれは日本語の

隣の芝生は青い

です。

20世紀半ばの英語のことわざ。
|

The Child Of A Frog Is A Frog.

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

The Child Of A Frog Is A Frog.

これは日本語の
蛙の子は蛙
です。
日本語から英語化されたことわざです。
|

Two Birds, One Stone

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ一覧」トップに戻る

Two Birds, One Stone

なんと、
一石二鳥は、
英語でも同じなんです。

ある猟師が、1つの石を投げたら、運良く2羽の鳥を落とすことができました。
1粒で2度おいしいことです。
|

Third Time Lucky

スポンサードリンク
英会話独学術:「英語のことわざ」編トップ

Third Time Lucky

日本語でいう、
三度目の正直
です。

英語では、「正直」がLuckyになっていますね。

失敗して失敗して3度目にようやく成功することを言いますが、

「3」という数字がラッキーナンバーということも示しています。

19世紀半ばの英語のことわざ。
|

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。